福岡の注文住宅「イエノタネ」

体感ハウス
お問合せ・資料請求
快温・快湿の家づくり 冬暖かく、夏涼しい家
scroll
家づくり
家づくり

家づくりの
ご提案our philosophy

私たちイエノタネは、想いをカタチにするために、3つのことをお約束いたします。

01そこで暮らすご家族が健康ですごせる家であること。

家が原因で病気になるなどあってはなりません。快適で清潔ですごしやすい空間であることが大切です。
そのために快適な温度や湿度、さわやかな空気が保たれるよう材料や性能にとてもこだわっています。

02温もりが感じられる家であること。

「やっぱり家が一番」と思えるのは幸せなことです。開放的で居心地がよく、家族の気配を感じる空間をつくり、ご家族みんなが一緒になって楽しく過ごせる時間を大切にします。

03長く住み続けられる家であること。

家を建てる時だけでなく、建てた後も様々な不安が出てきます。それを解消し、長い間安心して、安全に暮らせるよう、私たちがサポートします。
イエノタネは、そこに暮らすご家族がもっと快適に、もっと健康に、もっと笑顔になることを願っております。

イメージ写真
イメージ写真
快温
快温

エアコン1台で
快温を保てる吹き抜けpassive style

イエノタネがつくる家は、思わず深呼吸したくなる、赤ちゃんが寝転がったり、ハイハイしたりしても大丈夫。家族が健康にすごせる家です。

吹抜写真

大きな吹き抜けと呼吸する壁は、エアコン1台で部屋、廊下、玄関、家をまるごと1年中ここちよい温度に保ってくれます。びっくりすることに、子どもたちは冬でも半そでで元気に家の中を走り回ります。
リビングにある大きな窓から入ってくるあたたかな陽の光は、家の中を明るくし、子どもたちの笑顔を包み込みます。
天然無垢のもみの木を使用した床は、素足で歩くとやわらかな感触が感じられます。

窓写真

そう、この家での暮らしは、家族と自然が仲良くするってこと。
自然の光と風を採りこむ理想をカタチにしたのが、イエノタネがつくる家です。

吹き抜け写真窓写真
想い
想い

家族の思いを叶える
ライフスタイルや
ライフプランlife style

家は人生の基盤。

1日のスタートは朝陽があふれるダイニングで家族そろって朝ごはん。日中、家事はもちろんするけれど、できれば短い時間でできるのが理想。それでできた空き時間は趣味に使いたい。広いリビングでヨガをしたり、ガーデニングをしたり。夕方は子どもたちの顔を見ながら食事をつくり、おいしいごはんのにおいが家を包む。そして、夜はそれぞれがくつろぎの時間をすごす。
休日は気の置けない友人たちとバーベキューやホームパーティー。子どもと遊ぶときは親も本気で楽しんじゃう。

キッチン・テーブル写真

家って長くすごすところです。だから、ありのまま、私たちらしくいれるってことが大切です。
そんな家族のもとには、自然と人が集まり、笑顔があふれます。
イエノタネは家族の想いをカタチにし、お客様のライフスタイルを応援します。

キッチン写真テーブル写真
快湿
快湿

アレルギーフリーで
家族の健康をまもるafter follow

日本の家の寿命は約30年。定年後に家を建て替えなければならない。
そんな話をよく聞きます。
しかし、イエノタネがつくる家なら、将来、子どもたちが巣立って夫婦二人になった後も長く住みつづけられます。

イメージ写真

長持ちするように、家の性能を高め、耐久性の高い材料を使っています。もちろん、耐震性も抜群です。
また、建てる時だけでなく、建てた後もイエノタネが長くサポートしていきます。住まい方のアフターフォローや建物のメンテナンスを行います。さらに、インテリアや内装、暮らしに合わせたリフォームなどもおまかせください。いつまでも快適に暮らしていけます。

イメージ写真

イエノタネの家づくりは、タネをまくだけではありません。お水をあげ、手入れをし、大事に育てていきます。30年後大きく実る家のタネを一緒にまき、私たちイエノタネと共に育てていきませんか。

イメージ写真
イメージ写真
イメージ写真
体感ハウス

体感ハウスhouse

化粧品は試供品を使ってみる。デパ地下で試食だってする。だったら、家にも試住があってもいいんじゃない?

そう、イエノタネには実際に泊まれる体感ハウスがあります。

床写真

素足で入ると、やわらかな感触と夏はサラサラ、冬はポカポカが感じられます。
明るく快温快湿の室内はシャツ1枚ですごせます。
みんなでごはんをつくりましょう。「みんな手伝って!」スムーズな動線がママの家事を助けてくれます。

ダイニング写真

寝室では、耳を澄ましてみてください。本当に静かで、朝までぐっすりできます。

外観写真

イエノタネの魅力はホームページだけではお伝えできません。
ぜひ直接触れて、感じてみてください。きっと、たくさんの「わっ!」が生まれるはずです。

床写真
ダイニング写真
外観写真