パッシブデザインを取り入れた、「体感ハウス」をご用意しています。
実際にご体感ください。

「ほら、ちゃんと上を着てないと風邪ひくわよ!」
「ママ、だってこの中、すごくあったかいんだもん」

体感ハウスに試住に行った時、息子が家の中に入ったとたん、セーターを脱ぎだしたんです。
その日は1年で最も寒いと言われる「大寒」でした。
息子の行動にびっくりしたものの、私も夫も気づけばアウターを脱いでいました。
それぐらい、家の中が暖かかったんです。

しかも説明では、容量の小さいエアコンが一台だけって言われて、最初は信じてませんでした。でも確かに、見たところ動いているのはエアコン一台と天井のファンだけ。床暖房や他の暖房は何もありません。

リビングの窓が大きく、そこから入ってくる陽の光もポカポカと明るくて、本当に気持ちよかったです。思わず親子3人でリビングの床の上でゴロゴロしちゃいました。

「暖かいのはリビングだけなんじゃない?」と半信半疑で家の中をうろうろしてみたら、どこも温度が一定で、もう疑いようがありませんでした。
だから、ドアを開けっぱなしにできて、食事を作ったり、お風呂を沸かしたりする時の移動もスムーズでした。

私的に暖かくてよかったのは洗面所。
だって今の家じゃお風呂に入る時、服を脱ぐのを躊躇うぐらい寒いんですよ。
お風呂から上がった時も、慌てて靴下を履く必要もなかったし。

そうそう、靴下と言えば、体感ハウスにいる間ずっと素足で過ごしてました。
冬にですよ、びっくりじゃないですか?
フローリングが全然冷たくないんです。
むしろ、無垢の床が気持ちよくって、素足になっちゃいました。

あと、いいなって思ったのが、窓。

今の家は暖房を使うとすぐ窓が結露して、しょっちゅう拭いてるけど、ここは全く水滴がついてなかったんです。
それに、窓が3重になってて、外の音が入ってこないから、とっても静かでした。

夫も「夏とかバーベキューしたらいいよなぁ」なんて言いながら庭を見てるし。
普段は全然家事なんてしないのに、夕食の準備も手伝ってくれて。広くて家事動線がいいので、こんなふうにいつも家族で協力し合えたらいいだろうなぁ。

この2日間は夫も息子も、そして私も普段よりよく笑ってました。

たった1泊2日でも、本当に快適で。
最初、体感ハウスって言われて、ピンとこなかったけど、確かにデパ地下で試食もするし、化粧品も試供品を使う。家も試住はありだなって実感しました。パンフレットやホームページを見るより、使ってみることでリアルにわかるし。
イエノタネさんもきっと自信あるんでしょうね。

イエノタネのこだわりを盛り込んだ糸島体感ハウス。
ぜひ直接触れて、見て、感じてみてください。

↓見学はこちら↓

<糸島体感ハウス> 宿泊体験のチェックポイント

  1. 家中の<気温>がほぼ一定
    ・家のあちこちに温度計があります。
    ・真冬でも真夏でもエアコン1台稼働時の室温です。
    ・トイレや洗面所、隅から隅まで測ってみましょう。
  2. 結露のない<窓>
    ・高性能な窓に実際に触れてみましょう。
    ・冬場でもサッシは冷たくありません。
    ・外と室内、温度差20℃あっても結露しません。
    ・放射温度計をご用意しています。実際に測ってみましょう。
  3. 足触りの良い<天然無垢>もみの木の床
    ・表面は、凸凹とした浮造り(うづくり)加工を施しています。
    ・ぜひ裸足になって過ごしてみてください。
    ・冬のヒヤッとした感じや、夏のべたつきが軽減できサラっと清潔、快適です。
    ・もみの木は消臭や調湿作用が優れているため、
     室内を快適に保つ助けをするなどの優れた特性を持っています。