基礎の立ち上がりの部分に断熱材を張る「基礎断熱」です。
基礎に使われるコンクリートは冬の冷気を室内に伝えます。そこで、基礎部分の外側に断熱材を張ることで外気の影響を受けにくく、床下も室内と同じ環境を保つことができます。