イエノタネでは、充填断熱をしたうえで、外張り断熱を行うというW断熱工法を採用しています。
木造住宅の断熱工法は、構造材の間に断熱材を充填する「充填断熱」と、柱などの構造材の外側をくるむ「外張り断熱」があります。
この2つの工法を合わせることで、より高い断熱性・耐久性を実現しました。